いつも かたわらに

星占いやタロット、本が好きな人、この指とまれ! 天野原みちる

2017年12月

2018年の運勢 射手~魚座

20181月中旬、長らく品切れだった童話タロットが再販になります。詳細は、こちらです。15日から、ご予約していただけるようになります。

http://mbhappy.com/shop/

発売記念の鑑定会も開催されます。どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.setsuwa.co.jp/eventDetail.php?eKey=109


大晦日になってしまいました。とりあえず年が明ける前に2018年の運勢をアップいたします。

今年も一年、ありがとうございました。皆さま、よいお年をお迎えください。

西洋占星術において年運は基本的に木星で占います。木星は12年かけて星座をひと回りするので、ひとつの星座に約1年滞在することになり、年運を占うのにピッタリだからです。

2018年、木星は主に蠍座にいます。蠍座は真実を知りたがる星座。嘘やごまかしは通用しない年になるでしょう。深い交流、本物、再起といったこともクローズアップされそうです。

なお、今回は2017年末に土星が星座を移動したばかりということもあり、土星の視点も加えて占ってみました。

【射手座】

何をしたいか曖昧になりそうです。そんな運勢なので「こうしたい」という思いを持っているほうが強いです。自分というものを持っていないと流されたり振り回されたりしやすいかもしれません。夢、癒し、スピリチュアルなことに対する関心が高まるでしょう。

過去12年の清算期と考えて、来し方を振り返り、やり残したことを片付けたり、軌道を修正したりするのもおすすめです。そんなことをしているうちに、これから何を、どうすべきかがわかってきて、木星が射手座にやってくる11月ごろには、未来に向かって歩き出すことができるでしょう。

無駄遣いが減りそうなのはいい傾向ですが、入ってくるものもパッとしないかもしれません。この機会にお金の出入りを見直し、計画的に使うようにしましょう。コツコツ貯金するのもおすすめです。

今の仕事は自分に合っているだろうかとか、このままこの仕事をしていていいのだろうかなど、仕事に対する疑問や揺らぎが浮かびやすいときです。転職を考えることもあるかもしれませんが、大きな不満や具体的な問題がないなら、とりあえず続けましょう。これをやりたいという強い気持ちが浮かんでくるまでは、職を変えたところで、また同じような疑問にぶつかるだけです。

恋愛に対する情熱は低下しそうです。恋に憧れる気持ちはあっても、実在する誰かに恋心を強く燃やすことはないかもしれません。だらだらつきあってきた人と何となく別れることもありそうですが、後悔はしないでしょう。精神的なつながりがあればいいときなので、遠距離恋愛は安泰。新たな出会いが期待できるのは11月以降です。

【山羊座】

人生という大きなテーマについて考えることを余儀なくされるでしょう。将来のために今、何ができるのか、何をすべきなのか。自分らしさを生かしながら未来の可能性を考えることが開運の鍵になります。といっても、すぐに大きな行動を起こすことが必要というわけではありません。真面目にコツコツ、やるべきことをやっていくといいでしょう。そんな積み重ねの中で足場が固まっていって、しだいに暮らしやすくなっていくのではないでしょうか。

独自性を打ち出していくこともおすすめできます。目的や志を同じくする仲間をつくるのもいいでしょう。

仕事では責任ある立場に置かれるかもしれませんが、プレッシャーはあるものの、苦労や努力が報われて評価や地位が上がる可能性が高い。やがて「あのとき頑張っておいてよかった」と思える日がくるでしょう。ただ、かなりの忍耐を強いられることもあります。簡単に投げ出すことはおすすめできませんが、無理をし過ぎないことも大切です。

情熱より信頼。そんな地に足のついた恋ができそうです。恋の進展が遅くても心配は無用。むしろ妙に進展が早かったり、結婚を急がされたりしたら、用心したほうがいいかもしれません。8月中旬から9月上旬には、結婚についてじっくり考える機会が訪れることも。

【水瓶座】

実力で勝負する年になります。腕に自信があることは、思い切ったチャレンジをしてOK。実力や経験にものをいわせて成功を勝ち取ることができるでしょう。背伸びやごまかしは通用しないタイミングなので、誠実に物事に向き合いましょう。実力があることでも油断は禁物です。堅実にいきましょう。根拠のない不安や見えない敵に悩まされることもありそうですが、あまり心配しないほうがいいでしょう。具体的な問題が起こってから対処する、という姿勢でいていいと思います。

向上心や上昇志向が高まることも考えられます。実現させたいことや手にしたい成功の形などを明確に思い描いて前進しましょう。目的達成のために必要なことと、そうでないことをシビアに切り分けていくようなこともあるかもしれません。

恋愛運は波乱含み。人気が出てモテるのですが、接近してくる相手は、あなたの上辺しか見ていないということも。ライバルと火花を散らしたり、浮気したりされたりする心配もつきまとっています。あなた自身が人を見る目を養うことが大切です。6月下旬から8中旬ごろにかけてはセクハラにも注意です。

【魚座】

広い世界に目が向くようになります。知らないところや遠いところに行ってみたくなることもあるでしょう。見聞を広め、視野を広げ、多様性を受け入れる寛容さを持つことが開運の鍵になるときです。どんどん出かけましょう。旅立ちましょう。

高度な勉強をしたり、専門性を高めたりするのもおすすめです。研究や創作などでブレイクすることもあるかもしれません。世間に実力を問うてみる、いい機会です。

友達や仲間に恵まれるときでもあります。といっても、いつも友達に囲まれてワイワイ……という感じではなく、不要な人間関係が淘汰されて本物だけが残りそうなのです。だから、離別があっても必要以上に悲しまないでください。残った大切な友達や仲間とは、約束を守る、信頼を裏切らないなど、誠実な姿勢で向き合いましょう。

異動、転勤もラッキー。たぶん、どこも「住めば都」なので、細かいこだわりは手放してOK。四の五の言わず、流れに身をまかせてみましょう。ビギナーズラックではありませんが、新しい環境の中、先入観や偏見のない真っ白な頭で考えたことがヒットして活躍できるかもしれません。転職の際も細かい条件にこだわるより、やりたい仕事ができるかどうかに注目を。

友達恋愛にツキがあります。友達や仲間の中に恋人候補が隠れています。なかでも共通項が多い相手や同じ方向を見つめている相手は有望です。


2018年の運勢 獅子~蠍座

20181月中旬、長らく品切れだった童話タロットが再販になります。詳細は、こちらです。15日から、ご予約していただけるようになります。

http://mbhappy.com/shop/

発売記念の鑑定会も開催されます。どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.setsuwa.co.jp/eventDetail.php?eKey=109

大晦日になってしまいました。とりあえず年が明ける前に2018年の運勢をアップいたします。

今年も一年、ありがとうございました。皆さま、よいお年をお迎えください。

西洋占星術において年運は基本的に木星で占います。木星は12年かけて星座をひと回りするので、ひとつの星座に約1年滞在することになり、年運を占うのにピッタリだからです。

2018年、木星は主に蠍座にいます。蠍座は真実を知りたがる星座。嘘やごまかしは通用しない年になるでしょう。深い交流、本物、再起といったこともクローズアップされそうです。

なお、今回は2017年末に土星が星座を移動したばかりということもあり、土星の視点も加えて占ってみました。

【獅子座】

不安になることも少なくないかもしれませんが、大きく動くべきときではありません。足場固めをすることのほうが大事です。まずは家庭や職場などの生活基盤を安定させましょう。6月末から8月中旬にかけて人間関係の変化から、生き方や暮らし方にも影響が出るかもしれません。たとえば転職や離婚、結婚、親との同居や親元からの離別、引っ越しや異動などの可能性があります。

家族との絆を始め、血縁・地縁を大切にしたいところですが、場合によっては家族やふるさとに執着せず、それに代わる人間関係や居場所を求めてもいいでしょう。

勤勉さがアップします。スポットライトを浴びるというよりは、コツコツがんばることになるでしょう。後輩の指導や育成で力を発揮することもありそうです。実力や経験が評価され、真面目に仕事をこなせるのですが、華やかに活躍したり注目されたりするのが好きな獅子座さんにとっては、あまりテンションが上がらないかもしれません。心身の健康に気をつけて乗り切りましょう。6月下旬から8中旬にかけては派閥争いに巻き込まれないようにご用心。

家庭への憧れから結婚願望が強まることもありますが、人柄をしっかり見て相手を選びましょう。恋に対して夢見がちになるので、盛り上がった勢いで結婚するのは危険です。

【乙女座】

さまざまなことに対して意欲的に向き合えそうです。きちんと計画を立て取り組めば、かなりのことができるのではないでしょうか。知識や情報が役に立ちます。友人や知人、仲間たちとのおしゃべりからネットニュースまで、役立つヒントや刺激がいっぱいです。あちこち出かけて見聞を広めるのもおすすめです。「ここ、行ってみたい」と思ったら気軽に出かけましょう。

勉強が身につくときでもあります。知ることの楽しさ、学ぶことの楽しさも味わえるでしょう。

コミュニケーションや表現、初等教育、言語教育などにかかわる仕事をしている人は、楽しく頑張って成果を得ることができます。アイデアにも恵まれます。チームワークもOK。トライアルから正規の職に進むのにもいいタイミング。短期のバイトや転職にもツキがあります。サイドビジネスを考えるのもおすすめです。

友達恋愛が生まれやすいときです。まずは友達になることから始めましょう。交流会やセミナーなど学びの場、パーティーや同窓会など友人・知人が集まる場に出会いのチャンスがあります。グループデートやダブルデートもラッキーです。結婚へと話を進めたいときは、それぞれの友達や家族に応援してもらうといいかもしれません。

【天秤座】

現状の維持とメンテナンスの時期になります。冒険はおすすめできません。堅実を旨としましょう。夢より現実を重視することが大事です。経済の安定をはかるのもラッキーです。心豊かに暮らすためのプチ贅沢はいいとしても、見栄を張っての浪費はNG。外側を飾り立てることより、気持ちや暮らしを充実させることのほうを重視するといいでしょう。

家族、とくに親や年の離れた兄姉によって行動が制限されることがあるかもしれません。家族の健康状態を気にかけるなど、離れて暮らしていても(もちろん同じ家に住んでいても)疎遠にならないことを心がけておきましょう。

「継続は力なり」とでもいいましょうか、努力を続けることで成果が出るときです。収入の面においても一攫千金をねらいにいくのではなく、着々と積み上げていきましょう。貯金もおすすめです。現状維持のときなので、転職はおすすめできないのですが、どうしてもというときはこれまでのキャリアを活かせるところを選びましょう。

恋の相手は身近なところにいます。憧れの人を仰ぎ見るより、いつもそばにいて力になってくれる人に目を向けましょう。一緒にいて、必要以上に気を使わなくてすむ相手と結ばれると幸せになれるときです。食の好みや経済感覚が一致していたら、さらにいい感じ。

11月前半には、思いがけない恋のハプニングやサプライズがありそうです。長く片思いしている人は、この機会に告白してみる価値があるかも。

【蠍座】

以前から考えていることがあるなら、ぜひ実行に移しましょう。出生時に太陽が位置していた星座に木星がやってくる時期は、新たな状況を切り開くチャンスです。何もないなら、これから考えて11月上旬までに着手することをおすすめします。勉強や修行といった形で自分に投資するのもいいことです。かつてあきらめた夢にもう一度トライするのもいいでしょう。

ただ、蠍座にとっての学習やコミュニケーションの部屋には土星が入りました。学習の機会や好奇心が制限される恐れがあります。見たい、知りたい、やってみたいと思ったら、あきらめないでトライすることをおすすめします。コミュニケーションにおいても「言ってもわかってもらえないだろうな」と思って黙ってしまう場面が増えるかもしれません。だけど、黙っていたら何も伝わらない。ダメでもともと、簡単にあきらめないで言うだけ言ってみましょう。

才能や特技を発揮し、評価されることになりそうです。希望を抱き、結果がよいものであると信じることが開運の鍵になります。やりたいことにチャレンジしましょう。新規事業の開始や、転職もOKです。目の前の道が閉ざされても嘆く必要はありません。それは新たなチャンスを引き寄せるきっかけになります。クリエイティブな仕事をしている人や人気商売に携わっている人にスポットライトが当たるときでもあります。ブレイクも夢ではありません。

恋も進展。リードする恋で強さを発揮できます。愛が復活する可能性も大。将来性のない関係を断ち切るチャンスもあります。10月に2018年最大のモテ期がやってきます。フリーの人には出会いの期待が高まりますが、相手のいる人は自分自身の目移りや浮気に気をつけましょう。



2018年の運勢 牡羊~蟹座

20181月中旬、長らく品切れだった童話タロットが再販になります。詳細は、こちらです。15日から、ご予約していただけるようになります。

http://mbhappy.com/shop/

発売記念の鑑定会も開催されます。どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.setsuwa.co.jp/eventDetail.php?eKey=109

大晦日になってしまいました。とりあえず年が明ける前に2018年の運勢をアップいたします。

今年も一年、ありがとうございました。皆さま、よいお年をお迎えください。

西洋占星術において年運は基本的に木星で占います。木星は12年かけて星座をひと回りするので、ひとつの星座に約1年滞在することになり、年運を占うのにピッタリだからです。

2018年、木星は主に蠍座にいます。蠍座は真実を知りたがる星座。嘘やごまかしは通用しない年になるでしょう。深い交流、本物、再起といったこともクローズアップされそうです。

なお、今回は2017年末に土星が星座を移動したばかりということもあり、土星の視点も加えて占ってみました。

【牡羊座】

2017年には人間関係が広がったと思うのですが、2018年は必要な関係や重要な関係だけが残ります。人脈を広げることより、かかわる相手との関係を深めることに重点を置きましょう。あなたにとって大切な人は誰か、誰と向き合いたいのかを意識するとよさそうです。人に限らず、ものやことに対しても、同様に向き合いたい時期となります。

仕事を始め、社会的な活動には、何かと制限がつきまとって動きにくくなるかもしれません。上司や親など年齢や地位が上の人から厳しく指導されることもあるでしょう。忍耐が必要とされる場面も増えそうです。しかし、牡羊座さんは障害があるほど燃える場合が多い。むしろ実力をつけるチャンスかもしれませんね。

恋愛は情熱や勢いに身をまかせるより、しっかりした信頼関係を築くことをおすすめします。信頼があれば、たとえ忙しくてこまめに会えなくても、遠距離恋愛になっても、関係は続くでしょう。そう考えると、夫婦も含め、交際期間の長いカップルは関係が深まるかもしれませんね。慣れ親しんだ相手とは、離れがたいと思います。

占いのコンテンツでは復活愛は人気があるテーマのひとつなのですが、2018年で最も愛が復活しやすいタイミングは11月の前半です。ま、牡羊座さんは、あまり後ろを向かないとは思いますが。

 

【牡牛座】

人間関係が広がります。プライベートで、仕事で、いろいろな人と知り合うことになりそうです。友人や知人の誘いには気軽に応じましょう。他人と出会い、かかわって驚いたり、戸惑ったり、ときには苛立ったりしながら、たくさんの刺激や気づき、学びを得てください。それによって考え方や生き方が変わることもあるでしょう。ひとりで悩んでいたことに光が差してくることもあるかもしれません。

ひとりで頑張っていたことに、救いの手が差しのべられることもあります。夢や理想を思い描き、それに向かって動き出すこともありそうです。目標は具体的に設定し、達成期限を設けるといいでしょう。

516日、天王星が牡牛座に入ります。時代の変化をいち早く感じたり、変化の波をいち早くかぶったりする牡牛座さんもいるかもしれません。リニュアル、リトライ、新しいチャレンジ、すべて吉です。

仕事関係でも人と接する機会が増えそうです。コミュニケーションスキルを磨くと実績に直結するでしょう。仕事を通じて社会参加を意識することもあります。その結果、もっと広い世界で力試しをしたくなって転職を考えることもあるかもしれません。

恋につながる出会いに恵まれやすい年ですが、結婚運がいい年でもあります。たとえば、恋人と一緒に行動するうち共通の友人が増えて、周囲から「ふたりはカップル」と認知されることによってスムーズに結婚に至る……なんてこともあるでしょう。

お見合いもおすすめです。恋愛はすっ飛ばしてOK。結婚運の良さに引っ張られて、いい相手にめぐりあえる可能性が高い。

2018年で最も愛が復活しやすいタイミングは10月ですが、後ろを向くことはあまりおすすめできません。なんといっても2018年にめぐりあう人とは、いいパートナーシップを築ける可能性が高いのですからね。

 

【双子座】

長年のプレッシャーから解放されて、ホッとひと息つくことができます。ただ、劇的な運勢の変化は望めず、これまでの流れが続くでしょう。順当に予想通りの未来が展開しやすいので、頑張ってきたことに対しては成果が上がります。それだけに、ぼんやり過ごしていると何もつかめません。夢でも目標でも何でも、与えられるのを待っていないで、自分からつかみにいきましょう。転機が訪れるのは11月以降です。

年長の人から学ぶことが多くありそうですが、手取り足取り優しく教えてもらえる感じではありません。見て学ぶ、または鍛えられることになるでしょう。実りはありますが、ストレスもあるので、あまりストイックに頑張らないことが大事。息抜きやストレスの解消を心がけておくことをおすすめします。

仕事では求められる役割をきちんと果たしましょう。そこさえ押さえておけば大きな問題は起こらないはず。大過なく働くことを一番に考えるなら、決められたルールに従い、マニュアル通りに動くことです。求められないことまでする必要はないでしょう。

業績アップのコツは、能率よく働く、無駄を省く、細かいところまできちんと気を配る、完成度を高める、といったところです。実用的な資格を取るのにも適した時期です。しっかり勉強してスキルアップをはかり、11月以降に就職先を探す(転職も含め)というのも手です。

恋愛には、あまり情熱を燃やせないかもしれません。受け身、あるいは消極的になりそうです。忙しくて恋どころじゃない、なんてこともありそうですし。11月からは結婚運がよくなります。結婚に迷いがあるなら急いで決めず、11月まで待ってみるのもいいですね。

 

【蟹座】

創造や表現を楽しめます。好きで続けてきたようなこと、腕に覚えのあることで活躍でき、また、それが心の支えになります。スピリチュアルなことに対する関心が高まることもありそうです。愛にもスポットが当たるので、感動を分かち合ったり、誰かのために頑張った結果、心が満たされることもあるでしょう。

お勤めしている人は上司と部下、もしくは会社の方針と顧客の利益などの板挟みになって苦労するかもしれません。実際の労働の大変さより信頼や期待に応えられないきつさのほうがこたえそうなので、コミュニケーションスキルを磨くといいかもしれません。8月中旬から9月上旬はパワハラに注意。そんなことで消耗させられてはたまりません。11で向き合うことを避ける、第三者に間に入ってもらうなどして回避しましょう。場合によっては転職を考えてもいい。

孤独感が募るため、誰かにそばにいてほしくなるかもしれません。相談に乗ってもらっているうちに恋に落ちることもありそうです。苦労をともにして、なお励まし合い、支え合える相手となら、長きにわたっていい関係を築けるでしょう。もちろん結婚もOK。ただ、ひとりになるのはいやという理由だけで、問題含みの相手とずるずる一緒にいることはおすすめできません。

今年も一年、ありがとうございました

☆こちらはスマホで表示されない対策の投稿です。パソコンでご覧の方には問題なく表示されると思います。

ぐーぐーねんね
大晦日になってしまいました。

年末は職業としての仕事が終わってから、家の仕事がエンドレスで待ち構えている時期です。とりあえず掃除をして、きれいになったところにお正月飾りを……と思うのですが、「苦に通じる」「一夜飾りはだめ」ということで29日と31日には松だの鏡餅だのは飾れないわけで。

もう、そういうことにこだわらなくてもいいかな、そういうことを気にする年寄りもうちにはいないし……なんて思ってもみたのですが、時すでに遅しで、自分がそういうことが気になる年寄りになっていたのでありました。

ともあれ、今年も一年、ありがとうございました。

皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

今月の星の物語

占いハッピーウェブ「星とタロットの物語」連載させていただいています。毎週木曜昼更新です。

http://mbhappy.com/

URLの中にMy Birthdayの略、mbが生きています。

★携帯サイト「マイバースデイ デラックス」で展開中の天野原みちるコンテンツを集めたページです。プレミアム個人鑑定12月更新メニューは【童話タロットに聞く】ふたりの未来を教えて!~あの人は私の運命の恋人?です。11日は週運とともに不思議の国への招待状2018年を幸せいっぱいにする特集」も更新予定です。

http://r.djm.jp/505/mb_n/kokinAmanoharamitiruTop.do

★無料占いサイト「占いしようよ」で童話タロットが楽しめるようになりました。12月更新メニューは次の通りです。自分のことは自分が一番よくわかってる……というのは思い込みで、人から見たあなたは、あなたが思っているあなたとは違うかもしれませんよ。

「もっと愛されたい! 私の魅力はどんなところ?」「あの人は私のことをどれくらい好き?」

http://usyo.net/a/o/amm.html

「あなたの心にそっと寄り添う星とタロットの物語

◆読者共鳴No.1◆癒しと励ましの童話占い」

https://charge-fortune.yahoo.co.jp/stw/event/douwa/

気軽なプチプライスのメニューがたくさんあります。「そういえば最近、心から笑ったことってないな」なんてお思いでしたら「今すぐ笑顔になるための魔法」などいかがですか? どうぞよろしくお願いいたします!

20クリスマス・キャロル
気ぜわしい日が続く年の瀬でございます。ヘソ曲がりの私としては、新年なんて単に人間が考え出した区切りにすぎないのであって、太陽を始めとする星々の様子は1231日と11日で、さほど変わるわけじゃないのに……なんて、つい屁理屈をこねたくなってしまいます。

12月は20日に土星が動きました。射手座から出て山羊座に入ったのです。土星といえば試練や制限といった象意がまず頭に浮かぶのですが、物事の安定化や経験の結晶化、継続や長期的視点といった象意も持っています。

土星が自分の生まれた星座に入ってくると、歓迎というより、早く通り過ぎてねという気持ちになりやすいのですが、山羊座は土星に対応しています。つまり、土星にとって山羊座は居心地のいい星座なのです。ほかの星座にいるときよりも土星の持ついい象意が発揮されやすいので、山羊座さんはそんなに土星を嫌わなくてもいいような気がします。

試練や制限を受けるのは山羊座生まれというより山羊座的なこと、つまり政治や社会制度、公的な組織や大きな組織、神社仏閣及び、それらに関係する人々などなのではないでしょうか。人物でいえば、高位者や高齢者も含まれるかな。

山羊座には冥王星もいるので、このふたつの星が重なったとき、多くの人が「もう変わらないよ」と思っていたようなことが変わる、というようなこともあるかもしれません。

それはさておき、山羊座に太陽がいる間の全体運ですが、この太陽、蠍座の火星・木星といい角度です。火星・木星と魚座の海王星もいい角度です。夢に向かってやる気が拡大し、勢いがつくといった感じです。12日には蟹座で月が満ちるのですが、その日には、蟹、蠍、魚のグランドトラインができまして、気分的にもそういう状態がしっくりくるようになります。ということで、いつもの年より新年の抱負を抱きやすくなるでしょう。

蟹、蠍、魚という水の星座だけだと、どこまでも夢が広がって、ずぶずぶと現実から離れていったり耽溺したりしてしまう恐れがあるのですが、ここに地の星座である山羊座の太陽が参加すると落ち着きが加わります。自分なりの価値観や信念というものが、そこに入ってくるので、たとえば甘い言葉に乗せられて、というか無防備に人を信じて途方もない夢を見て身ぐるみ持っていかれる……というような危険性が少なくなるのです。安心して夢や目標を追いかけることができるでしょう。

12日にはまた、逆行していた牡羊座の天王星が順行に戻ります。そして、先んじて1223日に順行に戻った水星と、これまたいい角度をとります。新しい理解や見解、知識や情報によって目を開かれるかもしれないし、それらに助けられたり、そこに光明を見出すようなこともあるかもしれません。

なお、長らく在庫切れしていた童話タロットが、来年1月半ばごろに再び発売になります。そのお知らせのために年内にもう一度くらいブログをアップする予定です。2018年の年運を、ちょっと書けたらいいなと思っています。なので、どうぞよいお年を、という年末のごあいさつは、あえてしないでおきますね。

※「天秤座から魚座の運勢」が表示されないことが多いようです。原因がわからないので対処のしようがないのですが、再掲すると大丈夫なので、前回から最初に捨て記事をひとつアップすることにしました。腰が痛いとか肩がこるとか、どうでもいいことをつぶやくだけなので表示されなくても気になさらないでくださいね。

※占いハッピーウェブの「星とタロットの物語」、マイバースデイ デラックスの「童話占い」は毎週更新しています。よろしかったら上記のURLから飛んで、ご覧になってくださいね。新月や満月については「今週の星物語」や「星のトピック」で触れています。

※ヤフー占いの「癒しと励ましの童話占い」の週運更新は年内で最後になります。今までご覧くださいまして、誠にありがとうございました。

※見てくれてありがとう♪(*^ ^)ノ⌒☆衣服についた猫の毛のように幸運があなたについてまわりますように! →元ネタは『天と地の守り人』第二部 カンバル王国編 上橋菜穂子著「衣についたヤギの毛のように幸運があなたについてまわりますように」です。おうちに山羊がいる人は少ないだろうから、猫にしてみました。愛犬家の方は犬に置き換えてね(* * )

ギャラリー
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語