いつも かたわらに

星占いやタロット、本が好きな人、この指とまれ! 天野原みちる

タロット

<プレゼントのお知らせ>

<プレゼントのお知らせ>

『ショートショートの宝箱Ⅲ』に自作のお話を載せてもらえたことが嬉しくて本と童話タロットをセットにしたプレゼント企画を考えました。天野原が書いたお話は185ページからの「怪しい我が家」です。

ショートショートの宝箱Ⅲ
童話タロット再再販
1弾は「占いしようよ」さまにて。1名さまへのプレゼントです。

応募フォームへの入り口は次の通りです。

・童話タロットの占い結果テキストの直下のテキストリンク

・プロフィールページのヘッダーのテキストリンク

・スマホではトップページの記事2行目

いつも童話タロットを見てくださっている皆さまのお手元に届くと嬉しいです。


応募期間が短めなので応募者数が少なくなると思います。つまり当たる確率が高いです。

ぜひ、ご応募ください。締め切りは1110日の予定です。

https://usyo.net/a/o/amm.php

名前の下の「今なら天野原みちるの童話タロットがもらえる!>>」をクリックorタップすると応募フォームが開きます。

なお、「占いハッピーウェブ」さまと「マイバースデイ デラックス」さまでも同じようなプレゼント企画を行う予定です。決まりしだい、お知らせしますね。

 

読書週間です。時代小説や占い(とくにタロット)がお好きなかたに、おすすめの本を1冊ご紹介。

落雷の
『落雷の塔~夢次郎 紅毛カルタ事件帖~』光文社文庫

著者はマイバースデイでもおなじみだったルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ先生です。

小説の舞台は江戸時代の日本。主人公の夢次郎が紅毛カルタ(タロットカード)を駆使して事件を解明し、大切な人を守るお話です。夢次郎を主役にしたシリーズものとして22話続けてほしかった、と思うほどの面白さです。

ルネ先生のご本名は渡邉幸次郎。原稿が見つかったのは亡くなられてからなので、もう本当のところをお伺いすることはできないのですが、夢次郎は先生の分身なのかもしれません。

ニコレッタ・チェッコリのタロットカード

タロットカードって集め始めるときりがないので、このところ、なるべく買わないようにしていたのですが、買ってしまいました。ニコレッタ・チェッコリのタロットカードです。
ニコレッタ・チェッコリ タロット
「はくぶつかんのおしろのおんなのこ」(ケイト・バーンハイマー作 
バベルプレス刊)のころは人物の目と目の間が離れていることが気になっていたのですが、少しずつ気にならなくなってきて。
はくぶつかんのおしろの女の子
日本語訳はまだされていないようですが、シンデレラの絵本も素敵です。画像が探せなかったのですが、あかずきんの絵本も出ていて、その絵に惹かれて検索してタロットを見つけたのでした。
シンデレラ
話をタロットに戻します。日本語の説明書はついていないのですが、普通にタロットカードとして使えば大丈夫です。
8がJUSTICE(正義)、11がSTRENGTH(力)なので、マルセイユ版かな。イラストからインスピレーションを得るというシンプルな方法で占ってもいいですね。私は絵をながめて、にまにまするだけですが。
※アマゾンで見たら、ニチユーさん扱いのデッキには日本語の小冊子がついているようですが、このカード専用のものではなさそう。

ようこそ、童話タロットの世界へ! サンドリヨン


「童話占い◆読者共鳴No.1◆星とタロットの物語」が

ahoo!占いでスタートしました。

http://charge.fortune.yahoo.co.jp/stw/event/douwa/

どうぞよろしくお願いいたします。
7サンドリヨン
今回はサンドリヨンです。

7サンドリヨン

【正位置】

困難の克服 前進 奮闘 努力による栄光や勝利 進展 積極的な行動 正直 素直

アプローチや告白の成功 好きな人を振り向かせる ライバルに勝つ

 

【逆位置】

性急 暴走 好戦的 衝動的 猪突猛進による衝突 争い 乱暴

三角関係 素直になれない 恋愛スキャンダル 工夫不足 思い込み 感情の暴走

 

キャラクターについて

 サンドリヨンと聞くと「?」と思う人もいるかもしれませんが、英語読みのシンデレラと聞けば誰もが「ああ」と思うはずです。灰まみれ、灰かぶりを少し婉曲にした言い方です。天沢退二郎訳では「灰っ子さん」となっています。

ともすれば、自分では何もしていないのに、魔法の力と王子さまに見初められることによって幸せを手に入れたようなイメージのあるサンドリヨンですが、実はけっこうがんばっています。

 まず、逆境にもめげず、素直さや優しさを失わなかったことです。いじめられ続けると、しだいに心が弱くなり、いじけたり、ひねくれたりすることもあるというのに。

 招待状も、付き添う家族や後見人も持たず、ひとりでお城に乗り込んでいくというのも勇気のいることです。当時は階級社会で、身分のある後ろ盾がいないと、社交界に入れてもらうことはできませんでした。

 サンドリヨンは芯が強く、勇気のある女性だったのです。

 

カードが象徴すること

 継母や義理の姉たちのいじめに、けなげに耐えるサンドリヨンでしたが、お城の舞踏会には何がなんでも行きたいと考えます。そうすることで救われると直感し、本能的にそうしたいと強く願ったのでしょう。

 とはいえ、継母や姉たちの前では舞踏会に行きたいそぶりを隠し、何ごともないように振る舞っていました。それでも、継母たちを送り出してしまうと、とうとう自制心が利かなくなります。そして、身も世もなく泣きくずれてしまうのです。

そこに名付け親の妖精が現れて願いを聞いてくれるわけですが、それもサンドリヨンの強い思いが引き寄せたことだといえるでしょう。

初めに強い願望があって、それをかなえようとして、困難をものともせず一直線に突き進む。そして勝利をつかむというのが、サンドリヨンのカードが表す意味です。

通常のタロットカードでは、戦車に相当します 

 

おまけエピソード1

シンデレラドリームともいわれるように、気立てのいい娘が大きな幸せを手に入れるというパターンのおとぎ話の代表格です。

 ペロー版と、その100年後に書かれたグリム版とで少々話や小道具が違っています。ペロー版ではサンドリヨンの性格のよさが際立つように書かれていて、継母や姉たちの意地悪ぶりは控えめ。王子も素直でおっとりしています。

 いくつか違いを上げておきますが、ご自分で読み比べてみると楽しいですよ。

 

<ペロー版>

継母たちの前では舞踏会に行きたいそぶりは見せない

名付け親妖精が登場し、カボチャの馬車やネズミの御者を用意

ドレスやガラスの靴をくれる

夜中の12時過ぎると魔法が解けるので、急いで帰ろうとして靴を片方落としていく

国じゅうの娘たちがガラスの靴にチャレンジ

最後は姉たちを宮廷に招き、それぞれ貴族と結婚させて、3組同時に式を挙げる

 

<グリム版>

継母に舞踏会に行きたいと頼むが、さんざん意地悪されたあげくに連れて行ってもらえない

お母さんのお墓にお父さんのお土産ハシバミの枝を植える

涙で育ったその木に小鳥がやってきて、何かと願いをかなえてくれる

ドレスと金の靴をもらい、舞踏会に出かける

カボチャの馬車などの小道具はなし

12時に魔法が解けるしばりもなし

帰りは王子が家まで送ってくれるが、2度までもサンドリヨンにまかれる

で、3度目の舞踏会の夜、階段にチャン(瀝青 コールタールのようなもの)を塗っておくと左の靴がくっついて残る

こちらの王子は積極的で策略家

その割に、小鳥に指摘されるまで姉たちがサンドリヨンになりすましたことに気づかないおとぼけさん

靴を持ってピンポイントでサンドリヨンの家を訪ねる

姉たちは指やかかとを切って靴をはく

足は血みどろ さらに小鳥に目をえぐり出される

 

おまけエピソード2

 アニメや絵本によっては美人ではないように描かれることもあるふたりの姉ですが、実は「顏はきれいで真っ白、心はきたなくて真っ黒」とグリム版にあるように、ふたりとも美人。原作では、意地悪キャラ=不細工という類型的な描き方はされていません。

 

おまけエピソード3

 私は昔、ディズニーアニメのお姫さまものが嫌いでした。「101匹わんちゃん」や「バンビ」「メリー・ポピンズ」などは大好きだったのですが。

「お姫さまは王子さまと結婚して幸せになりました」というのが、子どもながらに気に食わなかったんですね。夢を与えてくれるはずの漫画映画(アニメという言葉はまだ一般的ではなかった)までが、女の子の幸せは結婚にあるというなんて、と反発を感じたのです。いうより、失望したのかもしれません。

当時、日本の社会にはまだ男尊女卑の傾向が強く残っていて、女の子に勉強は必要ない、本なんか読むな、といわれることも少なくありませんでした。ものを考えるな、自分の意見など持つな、年長者や男性の言うことに、ただ「はい」と素直に従っていればよい、とも。

 それに比べて、今のディズニーアニメのプリンセスたちは、のびのびと自由に動き回っていますよね。いい時代になりました。世界にはまだ勉強したい、本を読みたいという女の子が銃で撃たれてしまうような国もありますが、日本は二度と、そういう時代に戻ってほしくないです。

ようこそ、童話タロットの世界へ! 美女と野獣

「童話占い◆読者共鳴No.1◆星とタロットの物語」が

ahoo!占いでスタートしました。

http://charge.fortune.yahoo.co.jp/stw/event/douwa/

どうぞよろしくお願いいたします。
6美女と野獣


間が開いてしまいましたが、本日は立春大吉。

今回は『美女と野獣』をお届けします。

【正位置】

愛 情熱 協調 結合 魅力 快楽 娯楽 開放 直感 選択 人生をともにする

真実の愛 相思相愛 熱愛 ロマンチックな恋 固い絆

 

【逆位置】

遊び感覚 快楽におぼれる 飽きる 怠ける 惰性 心の乱れ 上辺にだまされる

失恋 失望 迷い 二股 浮気 裏切り 別離 泥沼化 不協和音 

 

キャラクターについて

 商人である父親が一枝のバラを手折ったために、『美女と野獣』のヒロイン、ベルは恐ろしい野獣の住む屋敷に出向くことになります。すぐに食べられてしまうと思いきや、意外にも野獣は優しくて礼儀正しく、ベルはしだいに惹かれていって、最後には結婚の申し込みを受諾します。すると、あら不思議。醜い野獣は美しい王子に戻ったのでした。

 王子は姿かたちを変えられただけでなく、頭を働かせることも禁じられていました。けれども、ベルは王子の人柄のよさと心の優しさを感じ取り、王子を愛したのです。

ちなみにベルのふたりの姉は、それぞれ顔がきれいな人、頭のいい人と結婚しますが、夫婦仲は険悪で、妹をうらやんで野獣との仲を裂こうとします。

 

カードが象徴すること

 ベルは外見や肩書、賢さではなく、その人の本質、つまり人柄や心の美しさを見て野獣を愛しました。そこで「美女と野獣」のカードが象徴するキーワードの一番目には、真実の愛という言葉を置きました。情熱的な恋や心のときめきを表すカードです。

ふたりが結ばれることによって喜びや幸せが生まれることも意味しています。人間関係なら、心が浮き立つような間柄を示します。

 情熱を注いだり、ときめきを感じたりするのは、恋だけとは限りません。仕事や勉強や研究、創作や表現活動、趣味やボランティアなど、夢中になれることはたくさんあります。

たとえば、好きな職業につき、才能を生かして楽しく仕事をするようなことも意味します。これも、愛する、あるいは情熱を傾けることのできる対象と、うまく結ばれたということですからね。

通常のタロットカードでは、恋人に相当します 

 

おまけエピソード1

『美女と野獣』の映画といえば、今はディズニーアニメがおなじみですが、最初に映画化を企画したのは『恐るべき子どもたち』などの著作もある詩人のジャン・コクトーです。映像化するにあたって目指したのは、日本にもファンの多い画家のフェルメールの作品に漂うような雰囲気だったとか。『恐るべき子どもたち』を、私は萩尾望都先生の漫画で読んで知りました。

 一連の映像作品は、野獣のビジュアルがネコ科動物っぽいところが成功のポイントではないかと、ひそかに思っています。ネコっぽいから、恐ろしくてもなんとかセーフですが、もし、たとえばウエイト版タロットの「悪魔」のようなヤギさん系や、『西遊記』に出てくる猪八戒のようなブタ・イノシシさん系の野獣だったら、気味の悪さが勝ってベルに共感できなかったでしょう。なんて思うのは、私が猫好きだからかもしれませんが。

 

おまけエピソード2

 「ベル」というのは名前ではなく「美女」という意味です。おとぎ話の王子さまの多くがプリンス・チャーミングと呼ばれるのと同じようなものですね。

ちなみに、眠りの森の美女、白雪姫、サンドリヨン(シンデレラ)、いずれも王子の名前はプリンス・チャーミングなんですよ。

 

おまけエピソード3

『美女と野獣』は文化が爛熟し、退廃し、革命に向かっていく時代のフランスで書かれたお話です。池田理代子先生の『ベルサイユのばら』でおなじみ、ルイ16世とマリー・アントワネットの時代です。原作が、かなり説教くさいお話であるのは、退廃に対抗するためなのかもしれません。

ちなみに次のカード「サンドリヨン」のお話を書いたペローの時代は、それより前で、太陽王ルイ14世が力をふるっていた時代でした。ルイ王朝の全盛期ですから、王子の相手を探すためにお城で開かれた舞踏会も、さぞ豪勢なものだったでしょうね。

ようこそ、童話タロットの世界へ! オズの魔法使い


「童話占い◆読者共鳴No.1◆星とタロットの物語」が

ahoo!占いでスタートしました。

http://charge.fortune.yahoo.co.jp/stw/event/douwa/

どうぞよろしくお願いいたします!
5オズの魔法使い
今回は、オズの魔法使いです。

5オズの魔法使い

【正位置】

英知 権威 秩序 導き 正統 伝統 サポート 保守 現状維持 儀礼 信仰 癒し

癒される恋 順を追って発展する恋 精神的な愛 お見合い 結婚 年上の相手

 

【逆位置】

形式的 世間体 建前 不道徳 不倫 頑迷 旧弊 権威・権力の乱用 盲信

なかなか進まない恋 社会的に認められない恋 形だけの結婚 冷え切った関係

 

キャラクターについて

タイトルに「オズ」と入っているものの、『オズの魔法使い』のお話の主人公はドロシーです。しかし、このカードを象徴するキャラクターは、やはりオズです。

ドロシーが竜巻に飛ばされてたどりついたマンチキンの国で、オズは偉大な魔法使いとして知られていました。みんなは彼のことを「オズ大王」と呼んで尊敬していたのです。

しかし、実際にはオズは、ただの人間でした。それを知ったドロシーたちからは最初「詐欺師」と非難されます。けれども、オズが身分を詐称していたのは、自分が威張るためではなく、悪い魔女たちからマンチキンの国の人々を守るためでした。偉大な魔法使いではなかったものの、オズは精いっぱいみんなを慈しみ、国の安全と平和を守っていたのです。

 

カードが象徴すること

肩書は、ときに力を発揮します。世知に長けたオズは、このことを知っていたのでしょう。そこで、「偉大な魔法使い」とか「大王」という実態の伴わない肩書の力を利用して悪い魔女たちを牽制し、平和を守っていたのです。

 ひとつ前の「レ・ミゼラブル」は実質的な力を表すカードで弱肉強食的な雰囲気も含んでいますが、「オズの魔法使い」は力を頼みとするカードではありません。知恵や道徳、秩序や法を表すカードです。トラブルが起こったときも、知恵を尽くして平和的な解決を試みます。

 変化より現状維持、冒険より前例を重んじる保守的なカードでもあります。

 正位置で出れば、良き知恵や良き導き手を意味し、逆位置で出れば、実体のない肩書と同じく、形式的で心の通わないものを意味します。

通常のタロットカードでは、教皇に相当します。

 

おまけエピソード1

 このカードについて説明するとき、悩むことがある。オズの正体を明かしてしまったら、これから『オズ』を読む人に申し訳ないのではないか、と。しかし、善意からとはいえ身分詐称をしていることに触れなければ、カードの意図するところを伝えるのは難しい。

 もちろん物語として大きな力を持つ作品であるから、オズの正体がわかっていても楽しく読めるが、やはり知らずに読んだほうが、ずっとわくわくするわけで……。どうしたものか。

 なお、童話タロットの「オズの魔法使い」は、タイトルや名前の表記を岩波少年文庫版の『オズの魔法使い』に倣っている。

 

おまけエピソード2

 オズを訪ねてエメラルドの都へ行く途中、ドロシーには仲間ができる。カカシ、ブリキマン、ライオンの3体だ。それぞれ、脳みそがない、ハートがない、勇気がないと悩んでいるのだが、カカシは誰よりも賢いし、ブリキマンは優しく、ライオンは勇ましい。みんなにはそれがわかっているのに、本人(人じゃないけど)たちだけがわかっていない。

 この、ドロシーを入れて4人あるいはひとりと3人の仲間たちは、西洋占星術の火地風水の象徴として読むこともできる。 勇気×ライオンは火、知恵×カカシは風、優しさ×ライオンは水。現実的で、何がなんでも家に帰ろうとするドロシーは地。作者はとくに意識していなかったと思うが、東洋で陰陽思想が根付いているように、西洋では四元素思想が根付いているのかもしれない。

 ちなみに、ドロシーの家は焼けつくような太陽に焦がされてひび割れ、草さえも灰色の土地に建つボロ小屋で、見渡す限り、周囲に1軒の家も1本の木もない。対するオズの国は、緑の大地が広がり、きれいな川が流れる豊かな土地で、都市もある。

 ドロシーは孤児で、笑わないおばさんと、めったに口もきかないおじさんのところにもらわれてきただけ。子どものころは「家に帰りたいのは当たり前だよね」と思って読んでいたが、よく考えたら、引き止められるままオズの国にいたほうが幸せだったかもしれない。

 

おまけエピソード3

『青い鳥』ではチルチルとミチルを始め、登場人物に衣装の指定があったが、あれは上演のための指定。『オズの魔法使い』は、文中にドロシーの衣装の描写がある。ドロシーは青と白のギンガムチェックのワンピースを着て、ピンクの帽子をかぶり、銀の靴をはいて、黄色いレンガの道を歩いていくのだ。

 童話タロットのドロシーは白のワンピース。青でチェックを書き足せないかしらとお願いしたが間に合わず、残念。何せ『マイバースデイ デラックス』の通常記事であるにもかかわらず、提案された企画と違う企画である童話タロットを逆提案してやらせていただいただけに、検討の時間なども加わってスケジュールが押し、イラストの締め切りがタイトになってしまったのです。

ギャラリー
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語
  • 今月の星の物語